FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜の唄はこれ「Top of the world」





カレン・アン・カーペンター(Karen Anne Carpenter、1950年3月2日 - 1983年2月4日)は、カーペンターズのヴォーカリスト、ドラマー。
声の美しさについては、ポール・マッカートニーやジョン・レノンも絶賛したという。親日家でもあった。

アメリカ合衆国コネチカット州のニューヘイヴンに生まれる。
家族は1963年にロサンジェルス郊外へ転居した。
その頃、兄のリチャードが近所の公園のコンサートでピアノを弾いていた際、兄に促されてスキータ・デイヴィスのヒット曲「この世の果てまで」を歌った。
これが、兄妹一緒に人前で行った初めての演奏となる。
ただし、13歳の頃は、将来は看護師か画家になるのが夢だったという。
兄と同じダウニー高校では、マーチングバンド部に所属。
兄のリチャードが音楽で才能を開花させていた影響を受けて、10代半ばになるとドラムを叩き始める。
しかし以前にサックスやフルートをやったが挫折していたので、両親や兄リチャードは続くかどうか半信半疑だったという。
しかしカレンはドラムに没頭し、練習を繰り返したという。
スペクトラムに始まり、カーペンターズとして活動し始めた当初まで、ドラムとボーカルを担当した。
本格的にボーカルのトレーニングを受けにいくと、トレーナーから「あなたには、何も教えるものはない。」と言われたことから、彼女には歌手としての天性の素質があった。
その後、カーペンターズとしての活動が活発になり、ステージに立つことが多くなったこともあり、リチャードの意向を受けてヴォーカル専門に活動するようになった(カレンがタムの多いドラムを好んで使っており観客席から見えにくいというのも一因であった)。
カーペンターズはカリフォルニア州を中心として、世界的に活動した。
子供が大好きで、彼女自身、子供のような無邪気さと純粋さを持っていて周囲の人から好かれていた。
だが、自らの体型については太りすぎという固定観念を持っており、やがて精神的な病となっていった。
ある日、カレンは兄リチャードに「ねえ、お兄ちゃん。私って太ってる?」と聞いたという。
するとリチャードは「あぁ、ちょっとな」とさり気なく答えた。
事実、その頃のカレンは平均的な女性と比較してぽっちゃりしていた。
その兄の言葉を受けたカレンは、「絶対に痩せてやる!!」と発奮。
ダイエットに励むようになったが、それが彼女の寿命を縮める結果となってしまった。
1974年、3度目の来日時に、リチャードと共に和服姿の写真を撮影、翌年発売されたライブアルバム「CARPENTERS LIVE IN JAPAN」 に付録としてその写真が添付され、カレンによると、この頃が最高に太っていたという(1987年にCDとして発売された物には、その写真はない)。
カレンはいつの頃からか摂食障害(拒食症)に悩まされるようになる(音楽誌にFat Sister「太っちょカレン」と書かれた事が原因の一説として囁かれている)。
後のセラピーの過程で親子関係が背景にあると見られている。
このため、1975年に予定されていた日本公演が、中止となった。
当時の招聘先である、キョードーのコメントは「神経性食意不振症」によるものであった。
リチャードが睡眠薬依存症のリハビリを行っていた1980年にソロ活動を行うが、曲が公開されるのは、カレンの死後となる(体が弱っていたことや、成熟味を持ちすぎているという意見から当時は兄や会社側から反対があり、最終的にカレン自身が発表を断念した)。
アルバムは『遠い初恋』(原題:「カレン・カーペンター」)として1996年にリリースされた。
1980年、若手実業家のトム・バリスと結婚をするも、翌年暮れには破綻。離婚同意書にサインする直前(約束の6時間ほど前)に彼女が死去したため、現在も既婚のままとなっている。
1983年2月4日早朝、両親の家で意識不明になっているところを発見され、同日死去した。
32歳の若さだった。
死因は急性心不全。長期の闘病生活が心臓に負担をかけていたと思われる。
なお、映画「カレン・カーペンター・ストーリー」によれば、晩年は過食症と拒食症の症状が繰り返し起こっており、死去前日は食欲が少し出てきたところで翌日亡くなった事になっている。
彼女の死は社会に衝撃を与え、拒食症などの摂食障害が社会的に認知されるきっかけとなった。
カレンの遺体はカリフォルニア州オレンジ郡のForest Lawn-Cypressに埋葬されていたが、2003年末に兄リチャードの自宅に近いロサンゼルス郡のPierce Brothers Valley Oaks Memorial Parkに改葬された。

良い声だったなぁ。英語の発音も素敵だった。残念!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hublo

Author:hublo
ウブロにようこそ!
新し物好きのRobin Morino が、日々感じた事、健康、音楽(カンツォーネ、シャンソン、ジャズ、ボサノバ等)、映画、小説、Photo、旅行、恋愛、社会、政治経済等について徒然なるままに書き綴ります。(独断と偏見、浅学菲才によるボロはご容赦ください)
バンジーも好き!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。