スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狐の嫁入り




ここ数日、いきなり激しい雨が降ったかと思うと、すぐにお日様が顔をだしたり
なんだか不思議な気分になりませんか?
大気の状態が不安定なせいか、すこし心もふわっと不思議な気分??


お天気雨が降ることを、『狐の嫁入りだ!』と言います。
知らない?
若いんだなぁ!

その意味は諸説ありますが、とても面白いな~と思ったのが、天気雨に関するお話が、世界各地に存在するらしいということ!
しかも、日本と同じく「天気雨」と「動物の結婚式」を結びつけるものらしいのです。


アフリカでは猿やジャッカルの結婚式
アラビア語圏の一部では鼠の結婚式
ブルガリアの一部では熊の結婚式
大韓民国では虎の結婚式
イタリアのカラブリア州・サレント半島やイギリス南西部では日本と同じく狐

とある英語圏の地方では、まさに「Fox Wedding」という言葉があるそうです。
が、各国の言語学者でも、その語源は謎だそうです・・・・う~む。


「狐」と言う言葉に反応してしまったので、
きつねという名前の植物を調べてみました。


これは、狐のボタン



これは、狐の孫



そしてこれが、狐の手袋

きつねって、いろんなものを持ってるんですね!

狐の手袋」
キツネノテブクロという名前より、ジキタリスのほうが知られている。
ヨーロッパ原産で薬草として渡来。
今では園芸用として栽培されているが、このように野生化しているものも多い。
抽出された成分は薬用として用いられるが、毒草の扱い。
名前は英名のFox gloveから。
ジキタリスは学名で、ラテン語の「指」を意味する

不吉な植物としてのイメージがあり、暗く寂れた場所に繁茂し、いけにえの儀式が行われる夏に花を咲かせることからドルイド達に好まれると言われる。
「魔女の指抜き」「血の付いた男の指」などと呼ばれていた地域もある。
メーテルリンクは、「憂鬱なロケットのように空に突き出ている」と形容している。

「ジギタリス」
  ジギタリス
  ジギタリス
  そんなに綺麗な顔をして
  カラダに猛毒持っている
  あの人みたいに笑ってる

(ドルイド(Druid)は、ケルト人社会における祭司のこと)



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hublo

Author:hublo
ウブロにようこそ!
新し物好きのRobin Morino が、日々感じた事、健康、音楽(カンツォーネ、シャンソン、ジャズ、ボサノバ等)、映画、小説、Photo、旅行、恋愛、社会、政治経済等について徒然なるままに書き綴ります。(独断と偏見、浅学菲才によるボロはご容赦ください)
バンジーも好き!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。